[Kubernetes][Elasticsearch] Elasticsearch Serverをコンテナ化する際に苦労したところ

Misskeyのコンテナ化と共に

苦労したものとして挙がるのが、Elasticsearchのコンテナ化。
私の場合は、昔覚えた内容などで何とかYAMLを書いてリソース化するのだけど、どーしてもすぐにCrashBackOffになり、再起動をひたすら繰り返す。さて困った。

やっぱLog見ないとだめね・・

というわけで、ログの見方なんですけれども

■一つ目
{"type": "server", "timestamp": "2019-11-04T03:58:10,147Z", "level": "INFO", "component": "o.e.b.BootstrapChecks", "cluster.name": "misskey-cluster", "node.name": "elsearch-sv-bcd4d59bd-pxkws",
 "message": "bound or publishing to a non-loopback address, enforcing bootstrap checks" }

■二つ目
ERROR: [1] bootstrap checks failed
[1]: the default discovery settings are unsuitable for production use; at least one of [discovery.seed_hosts, discovery.seed_providers, cluster.initial_master_nodes] must be configured

■三つ目
{"type": "server", "timestamp": "2019-11-04T03:58:10,172Z", "level": "INFO", "component": "o.e.n.Node", "cluster.name": "misskey-cluster", "node.name": "elsearch-sv-bcd4d59bd-pxkws", "message": "stopping ..." }

JSON形式で応答は帰ってきまして、その中で「message」を参照することで実態のログメッセージが出ます。巷のブログだと、よく「bootstrap checksをバイパスすれば・・・!」的な話が聞こえ、それを真に受けて今回私も設定しているわけなんですが、このメッセージを見る限りはどーやらループバックでサービスを受け付ける構成にしてない場合、否が応にもbootstrap checkが行われるっぽいっすね。

今回の場合

今回の場合、答えとしてはこちらにありました。

[1]: the default discovery settings are unsuitable for production use; at least one of [discovery.seed_hosts, discovery.seed_providers, cluster.initial_master_nodes] must be configured

Discovery設定が行われていない。discovery.seed_hosts, discovery.seed_providers, cluster.initial_master_nodesのいずれかを最低限一つは設定しろとのことのようです。よって、そのあたりをYAMLの中に書き込む必要があります。

設定箇所

YAMLで作る際のenvに以下の記述が必要です。

            - name: discovery.type
              value: "single-node"

クラスタ関連のパラメータは今回使用してません。今回はシングルノード構成であるためです。
そこで、discovery.typeに対して「single-node」を定義する必要があるようです。この設定を行ってデプロイしたところ、正常にPodが作成されました。

当方の設定例

Deployment設定のみ例示しておきます。あくまで私の環境のやつなので、適宜読み替えてくださいませ。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: elsearch-sv
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: elsearch
  template:
    metadata:
      labels:
        app: elsearch
    spec:
      containers:
        - name: elsearch-sv
          image: elasticsearch:7.4.2
          imagePullPolicy: "IfNotPresent"
          env:
            - name: cluster.name
              value: misskey-cluster
            - name: bootstrap.memory_lock
              value: "false"
            - name: bootstrap.system_call_filter
              value: "false"
            - name: discovery.type
              value: "single-node"
            - name: cluster.routing.allocation.disk.threshold_enabled
              value: "false"
            - name: ES_JAVA_OPTS
              value: -Xms1536m -Xmx1536m
            - name: http.host
              value: 0.0.0.0
            - name: transport.host
              value: 0.0.0.0
            - name: path.repo
              value: "/usr/share/elasticsearch/data/backups/backup1"
          resources:
            limits:
              memory: 2560Mi
          ports:
            - containerPort: 9200
              name: http-port
              protocol: TCP
            - containerPort: 9300
              name: transport
              protocol: TCP
          volumeMounts:
            - mountPath: /usr/share/elasticsearch/data
              name: elsearch-sv
      volumes:
        - name: elsearch-sv
          persistentVolumeClaim:
            claimName: nfs-elsearch-pvc01

実際にはJVM Heapサイズの+256MBぐらいが消費されてた感じですので、Limitsはもう少し絞ってよいのかもしれないです。あと、ConfigMapなどでEnv設定は整理しとくと運用管理しやすいのかなーとも思いました。

また、今どきはElastic社がこんなの出してるようで・・・

これを実用環境とかでは使ったほうが良いのかもしれません。実装の仕組みはかなり変わる(そもそもAPIがElastic社独自を使う感じになる)のと、ユーザ認証が初期状態だと強制される構成でしたので、ちゃんと調べて実装したほうがいいかな?という気がします。

タイトルとURLをコピーしました