[BLOG] KUSANAGIのアップグレード

Tips記事というわけではありません、あしからず

どちらかというとポエム的な要素が多いような気がしますので、純粋な技術ネタでないことはあらかじめご了承ください。
さて、どうやら私が使っておりますKUSANAGIですが、なんとBusiness/Premiumエディションという上位エディションが存在し、加えて個人用途であれば「無償」らしーじゃないですか(ただし、支払い処理的に個人情報とクレカの登録が必要っぽい)。

そこで、そもそもBusiness/Premiumエディションって何じゃそら?と言うことで調べてみることにしました。

Business Edition

無償版の機能に、以下のものがプラスされているようです。

  • CentOS7EOLまでの、リポジトリからの各種モジュールアップデート
  • 最新版WordPress 5.x 系統に対する動作保証
  • シボレス認証SPモジュール (nginx、Apache)

確かに、/etc/yum.repos.d 配下の内容を見てみると、リポジトリとして「prime-strategy-biz.repo」が存在していました。つまりは個のリポジトリから専用モジュールのアップデートやインストールが可能になると言うことですかね。

また、シボレス認証モジュールが入ると言うのがまたなんとなく懐かしい・・学術系だとよく使われる認証モジュールだったように記憶してます。これで認証を一元化したりSSOしたりできるんですよね。確か。

Premium Edition

Business Editionに加えて、WEXAL(R) Page Speed Technology というKUSANAGI開発元が開発した機能が追加搭載できるようです。

ページの記載を見る限りだと、どうやらKUSANAGIはリクエスト・動的処理強化がメインであるのに対して、WEXALはレスポンス・レンダリング強化がメインの機能のようです。なお、リポジトリはBusinessとは別に「prime-strategy-prem.repo」というものが追加されており、これがリポジトリとして組み込まれるようです。

基本、ブログの記事を書いたり表示させるに際し、私は自宅から行ってるんですが、自宅からのアクセスの場合Azure CDN通さないんですね。その状況においてもレスポンス速度はかなり改善しているように見受けられました。

つーわけで、皆さん(個人で使ってる人)もレッツトライ。

Market Placeでお買い物をした後にやること

Market Placeの手続きが完了すると、支払い完了通知が来ます。その上で、Market Placeポータルのダッシュボード画面を見ると、プロダクトキーを確認することが出来ます。このプロダクトキーを用いて、Editionのアップグレードを行うことになります。詳細手順は以下リンクにあります。

そして、WEXALを有効化してwktkするわけですが、その手順は以下のサイト(ConoHaのサイト)が参考になるかなぁと思います。

このあたりは、意外と使ってる人も多いようで、検索エンジンでWEXALと言うキーワードを用いて検索すれば結構記事が出てきます。私自身詳細なアーキテクチャは追い切れてませんが、ヘッドレスブラウザが使われていたりするようです。また、戦略AI機能としてDavidというものも搭載されてるようですので、これを使ってみるのも面白いかもしれません。

なお、WEXALに関していまいち内容がピンとこないので色々ネタ探ししてみたらこんなのもありました。これ読み込んでみると結構面白そうだなーと思ったのでリンクを掲載。

まだ新しいプロダクトかな?と言う風に見えたので、ちょっと色々技術要素とか見ていけたらなーと思います。

余談

今朝か昨日か、起床したらいつの間にかWordpress 5.4が自動的にアップデートされて入ってました。その影響でテーマが4つほどアップデート指示が出てたのですが、それまで使ってたCocoonが自動アップデートの対象ではなく、ある意味予想通りにアップデートしたらテーマファイルがまるごと吹っ飛んだようです。

というわけで、仕方なくFlashというCocoon使う前に使ってたテーマに差し戻し、ページの再構築を行いました。表示が替わった?リニューアルした?と思ったあなた、そう、リニューアルではありません。ただただ作業に失敗したので体裁を見繕っただけなんです・・・皆様もテーマ選定にはこうしたリスクもあるので気をつけましょう・・・ショボ──(´・ω・`)──ン