[General] 自己紹介とか。

以前のブログでは専用ページを設けたけど

今回のブログでは一つの記事にしようかなーなんて。
どうもこんばんわ。ろーかるゆーざーです。もうだいぶ身バレしたアカウントになりますが、あんまりバレても辛いことはないしなぁということで、無理やり隠すようなことはしないよう生きてます。

自分を振り返る意味でもちょっと日記として、書いてみることにしたのです。

ろーかるゆーざーと言う名前は、「地方のいちユーザーとして」と言う意味合いで2000年頃につけました。まさか未だにこのハンドルネームが使われることになるとは想像だにしませんでした。

ちなみに、左の写真は、とある日にびっくりドンキーへ行った際に、たまたまサラダを食べたあとの残った海苔が顔のように配置されていたので、それを面白がっていじってみた時の写真です。

「仕組み」というものが大好きなおっさん

ちなみに私、今年の誕生日を迎えると41歳です。
気づけば立派な中年になり、体重もズンドコ増えてだいぶ立派な肉体に育ちました。が、残念ながら持病と呼べるものがいくつかあり、実はまさかの四十代に入ってそうした病気と格闘しながら生きてます。それまでは、単純な筋力ならそれなりにあった私の体は、今や五体満足ですらない状況になってしまいました。

子供の頃から何かと、仕組みというものに興味をいだいて生きてた気がします。小さい頃は車のエンジンやギヤ、或いはトイレ、或いは電子製品の「中身」に興味を持ち、その形に興味を持ち。今の自分があるのは何となくうっすらその頃から一定の傾向があったのかもしれません。

ハードの蓋開けて中身見るとかそういうのは昔からあるある

幼児期・少年期は「極度の変わり者」でした

ある意味、持病の一つに気付くきっかけになったのですが、幼児期の私は今振り返っても信じられないくらいの「変わり者」でした。良くも悪くも。なので、悪い意味で変わった行動をとった時は色んな人に叱られ、あるいは怒られました。ただ、実際やった後でなぜそこまでしなければならなかったんだろうかと振り返っても、その理由がわからなかったり。じっとするのがものすごく苦痛で、それに耐えられないことが「自分は辛抱強くなれないんだな」としょんぼりすることになったり、少々トラウマを抱えた過去があの頃からあったなーと思ったりします。

基本的にめちゃくちゃ勉強嫌いで、毎年8月31日は親に叱られながら宿題を泣きながら片付けていましたし、素行も決して良くはなかったです。ただ不思議と成績は中位にとどまっていて、それ自体に取り組むのは真面目だったんで、ある人には優等生、ある人には落第生ぐらいにすごく人によってギャップが大きくなるような人間でした。

成績はそこそこだけど、内申点は絶対に低くしか出せない・・・・それが私でした。

が、大学受験の際はセンター試験で奇跡の高得点を叩き出し、予想外にも国立理系の大学に入ることが出来、結果的には親の負担を最小限にすることは出来ました。何かと運の良い人生だったのだろうと思います。

大学3年目あたりからいろいろ変わった

大学3年目から色々周辺の景色が変わった気がしていて、それまで大の勉強嫌いだった私が、見事に180度方針転換して勉強に取り憑かれてしまった・・・という過去があります。理解を増やしていくことに至上の喜びを見出しながら、日々PCを弄り倒していた時期だったと思います。

旧Compaqのワークステーションの中身(機種名は忘れた)
確か、CPUは486DX4だったと思う。

恐らくはこの頃から精神が成熟しだしたんでしょうね。複数の人に対して意識を向けて全体をフォローするような行動はこの頃からちゃんと取れるようになった気がします。

職歴は昔から今までずっとITインフラ分野一筋

2003年に社会人になりまして、今日までやってきた仕事は一貫してITインフラ系です。もともとITインフラに関連する知識を大学時代からある程度は有していたものの、それが「ITインフラって呼ぶんだ」ということを全く知らず、就職活動は開発系の会社を選択しておりまして。

で、職場紹介が入社3ヶ月目ぐらいに行われた時、「あ、そこがちょうど行きたい場所じゃないか」と気づき、志望してみたところあっさりその組織に入れまして、その年から親会社へSES奉公に出だしたのが自分のほんとうの意味でのキャリア始まりの時だったんだろうと思います。

最初の3年間でWindowsのお仕事、次の3年間でLinuxのお仕事、次の3年間でVMwareのお仕事・・・と言う感じで徐々にやれる範囲を広げていったような印象があります。そして、2回の転職を経て現職に携わるわけですが、取り敢えず2016年ぐらいまでは順当にプロジェクトマネジメントであったり、後輩の育成であったり、サーバ・ストレージ分野を中心に様々なことをバリバリこなしていたように思います。

実はこの頃首都圏に住んでたので、その流れで毎年花火大会とかにも友達と集まって見に行ってみたりしました。

当時は江戸川花火大会が見応えがあり、10人ぐらいの団体で集まって見に行った記憶があります。

ITインフラ検証に凝りだしたのもこの頃からで、色々なエンタープライズ機材の中古品を買っては「どんな仕組みになっているのか?」と言うところを一生懸命触って調べていました。RAID1つをとっても、メーカーごとに制御方法が違うし、その中では色々な要素が密接に絡み合って動いている。そうしたことを知ることが出来るというのは非常に貴重なことでした。

IBMがエントリーサーバーとして売り出してた、xSeries 100と言う機種です。パソコンに毛が生えたほどの拡張性・機能しか有していませんが、メモリが比較的大容量に積むことが出来るハードで、当時はかなり重宝していました。

2011年頃に構成していたサーバ・ストレージ周りの構成で、ファイバチャネルストレージは2エンクロージャ構成をとっており、およそ6TBぐらいのディスクが動いていました。

RAIDコントローラの扱いや、ストレージのインタフェースの探り方、トラブルシュートの練習、テープライブラリの機械的故障パターンの確認とか、そういうのがこの頃は多かったような気がします。

2017年に破綻、2018年に復帰、同年持病ふえるOrz

最も高い壁にぶつかったのは2017年2月頃。この頃、自分はかなり自信をなくして落ち込み、ひどい時は自身が死んだあとのことしか考えられない状況が続きました。退職なんかも考えたりいろいろ考えが揺れたのですが、結果として精神的にこれはおかしいぞ?ということで休職を選択することになりました。

それまでのやり方では、もう日毎に変化するITインフラの技術についていけない・・・ということを確証させるような事情が裏側にあり、自分自身の能力の限界を知る羽目にもなり、色んな意味で人生の分岐点だったんじゃないだろうか・・・と思っています。

休職を開始したのが2017年8月、復帰したのは2018年3月でした。この期間の間で、持病の一つといいますか「ADHD」という特性を持ってることを知り、幼少期の奇妙な行動はこれが原因だということを知ることが出来ました。投薬等で調整を図りながらこれはしのげるめどが立ったのですが、2018年5月に先の記事でも記載しましたが、「重症筋無力症」であることが判明。

フィジカル面でも破綻してしまったことから、仕事には一定の制約をかけながらどうにかこうにかやっているという感じです。とりあえず、出来ることはやろう、出来ないことは周囲に相談しよう・・と考えながら、日々お仕事に励んでいます。

人を喜ばすのが好きなんだけど、よくスベる

残念ながらギャグのセンスがなくて、たいていスベるか、ダジャレ親父として理解されてしまう私ですが、取り敢えず人を喜ばせるのが好きであるという一面はもっておりまして。そして、物事を調べるのが大好きということもあって、知識の引き出しだけはどうやら多いっぽいです。

あと1対1の方が話しやすいというのがあります。多対多になっちゃうと、「みんなはみんなのもの」と考えてしまって、あまり自己主張をしなくなる傾向があったりします。

また、自分自身平穏無事でありたいというのが最も大きな願いであり、あまり争いごとにつながるようなキツめの議論は好まないです。

気づけば勉強が趣味になっていた

趣味は勉強です。こう言うとすげー真面目そうに聞こえるんですが、何ていうか、趣味にしたものは一切の我慢が効かなくなる一面があり、実は家族にはかなり迷惑をかけています。ただ、専門技術の勉強それ自体を趣味にすれば、仕事でもそれなりに活躍できるだろうし、依存しまくってもそんなに犯罪みたいに扱われることはないだろうし、何より好印象を持たれやすくなるかも・・・などの下心全体というか、自分勝手に生きる道を模索した結果と言えるのかなと思います。

2017年当時の自宅に配備した機器

ただ、やはり誰より細かく早く、技術情報を見出して仕事に活かすというのは、それ自体が周囲の同僚を安心させる行為であり、最も貢献を実感できるところがあったので続けているのだろうと思っています。正直この業界の仕事において、技術というのは幅が広く、苦手な技術もあるのですが、それでもなんとか歯を食いしばってふれてみればやがて止まらなくなるだろう・・・・とかそんな気概で自宅の環境は触ってる感じです。

これからも色々記事は書いていきますので、どうぞご覧になる皆様、よろしくおねがいします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Previous article

[Tech] CDNが難しい・・・・

Next article

[Tech] KUSANAGIのWAF運用