[misc] 自分は優れてるのか、劣っているのか

日々徒然思うこと

時々感じるのですが、「果たして自分の能力は平均以上か、それ以下か」。
多分誰しもがこの辺りで悩むのかなーと思うのですが、私も今でこそ「時々」なのですが、少し前はかなり意識した時期がありました。そして、プライドも高い人間なので、特に下に見ていた人が実は凄かったり、抜き去られたりしたときはかなり凹んだ記憶があります。

ただ、このことを意識するというのはそれなりに精神をすり減らす行為なので、あんまり意識したくないという本音もあったりしました。

でも気づけば、優れてるのかどうかというのは余り考えなくなっていて、それで精神的に少し軽くなった部分はあります。そのことについて少し振り返りたいなと。

一番はやっぱり暇を削ること

一番不安定な時期というのは、うつ病発症に伴って8ヶ月間休職したときです。自身のアイデンティティを確立できずに不安に駆られて技術記事を大量に書きまくったあの頃です。当時、他人はコントロールできるとまだ思っていたし、仕事ではアンガーマネジメントできてましたが、プライベートではすぐキレてしまう人間でした。

後輩や同僚がステップアップするのを見て歯がゆく思ったのもこの頃が極みだったように思います。

仕事に復帰してみても、短気な所ってなかなか払拭できずに浮き沈みのでかい状態が続いていたように思います。復帰してすぐにMGになったこともあり、自身の存在意義をぐるぐる考えては悩んでいたように思います。

で、同時に心が軽くなる瞬間もあり、そのタイミングって何かなーと思ったら、「延々と仕事に打ち込んでいる時」だったのかなと思います。その間って過集中状態に陥っていて、本当はそれ自体はよろしくない状態なのですが、その間は余計なことをくよくよ考えることが出来ない、ある意味「考えることが出来ない」という状況が良かったんだなーと感じています。

私自身実は考えを切り替えるのが超絶に下手くそで、一度仕事モードに入ると全ての思考が仕事に持って行かれます。くよくよ考えようとしてもそっち側にどうしても思考が向かないので、そういう所に救われたのかもしれません。

自分が凡人(あるいはそれ以下)であること

正直この年まで生きてみて感じたのは、自分自身は別に優れてるわけでもなく、かといって極端に劣っているわけでもなく。ただ単にリソースの振り分け方を少々極端に出来るということだけなのかなーと感じるようになりました。
だから、趣味と仕事を同一視して、個人と変わらぬぐらい徹底的に仕事の技術習得にのめり込めるし、個人的な感覚であろうとも改善した方が良いと思えるところはフットワーク軽く発言できる、経験を積み重ねることが出来るのかなと思っています。かける時間が多ければ多いほど習熟できる領域はより深く広く出来るわけで、もし、私が仕事が出来る人間であると見えるのだとしたら、単純に「かける時間が桁違いである」に過ぎないのかなと思います。

それ故に私以上に時間をかけた人はもっともっと出来るわけで、私以上にリソースを極端に寄せられる人は天才的な人と呼ばれたりするわけですよね。能力的な絶対値が遙かに上の人だって居るわけで。私の元部下だったり、後輩だったりもそりゃぁ今の時代は技術習得が格段にしやすくなってるわけで、効率よい勉強法を心掛ければ私なんて簡単に凌駕できちゃう。

そう考えると、やっぱり時代は移り変わるしいつまでも誰より優れてるなんてことはまず無いし、だったら常に謙虚に何かを追いかける方が気が楽なのかな、別にそれは追いつく必要も無くて、出来るところがあればそこで何とか実績を自分なりに積み上げるしかないよなって思うわけで。そう考えると別に「劣っても別にいいんじゃなかろか、飯は食えるし」と思ったり。

事実は受け入れ、その上で生存プランを考えて進んでいく。それが一番の方法なのかなーと思いながら、今日も生きています。