[Hardware][shopping] 最近ほんとにネタがないので

おすすめするハードウェアと欲しいなーって思うハードウェア(ネットワーク)

こんなのをアップしてみる。過去に取り上げた機種のそれからのレビューとかもかければいいなぁと。
と言うか実はAmazonの広告最近全然触ってないなーというのを思い出してちょっとペタペタ貼って実験とかしてるような、そんな記事です。

Mikrotik CRS305-1G+4S-IN

以前取り上げたこともある、多分世界で最もお安いマネージド10GbEスイッチです。
SFP+ポートが4つ備わっておりますが、もちろんSFPモジュールを入れればGbE接続も可能です。
一時期、RouterOSをそのまま使ってルーターとして使用しては「遅い」と言う意見を出したヒトも居ますが、元々これはL2スイッチとしてハード設計されているものであり、割り切ってSwOSを導入して動かした所、なかなか良いスループットを出しています。

vSphere7環境でvMotionを実行したときの最大スループットは6Gbps、ストレージ間移行を行ったときの最大スループットは300MB/secで、どちらかと言うとストレージのほうがボトルネックになっていました。この結果は9000Bytesフレームで通信した場合の値なので、1500Bytesでやるともう少し下がるのかもしれません。

我が家のNested vSphere7テスト環境はDRSで積極移行設定にしていることもあり、1000回以上ものvMotion処理がこれまでに累積で走っています。が、今の所サーバの動作に支障が生じたことはありませんし、だいたい移行時間も10秒前後で完了できてるようです。

Mikrotik CRS326-24S+2Q+RM , CRS309-1G-8S+IN

10GbEポートをさらに拡張した機種ですが、これは憧れの機種ってやつです。流石にここ最近は財政的に厳しく買えていないのです・・・・。とは言え、ここ最近はノード自体もそれほど多くできない状況があり、CRS305で十分事足りてしまっているのが現状です。

10GbEは最初は「なんでそんなオーバースペックな」ぐらいに思ってたのですが、実際使ってみるともう離れられません。何より重要だったのはパケットの処理性能だと思います。細かいパケットであろうがでかいパケットであろうが、Gigabit EthernetをLAG構成にしたとしても全然性能が違います。ショートパケットの処理性能がめっちゃ速いんです。
その上、JumboFrameにすることでパケット送量を1/6にすることでさらに高速処理ができるようになることから、IO処理性能それ自体が底上げされるようになります。このため我が家のUnityVSAと言うストレージが居ますが、GbEの頃はわりかし楽に処理できていたものが、10GbE環境になると、大容量のデータ移行をするとUnityVSAにアサインしたCPUが悲鳴を上げています・・・・

CISCO C841M-4X-JSEC/K9

知人が引っ越しをするから不要になったということで、超格安で頂いたルーターです。
エントリー中のエントリールーターなので、自宅にEnterprise環境を置くのが好きな人には物足りないと感じるかもしれませんが、意外とこれ思った以上に機能が豊富(?)で、コストパフォーマンスに優れるんじゃないかな?という気がします。

エントリー仕様なので、LAGは組めませんしIPV6への対応は中途半端ではありますが、一応IPv4ならばOSPFが回せるんで、私はこれを利用して対外ゲートウェイに使っています。また、バースト転送させるような大容量通信を行うとCPU使用率は20%を超えますが、我が家の回線ではどうやら全然大丈夫そうです・・(150Mbpsぐらいの通信だとせいぜい8%前後)。

ソフトウェアベースではあるものの、Firewall機能も搭載されてるし、ちゃんとAuditTrailログも出るんで、ElasticsearchやSplunkと連携させて遊んでもいいのではないかなーとか思ったり。

PAGE TOP