[health] 次の入院時期が決まった

次回は5月中旬ちょい過ぎ頃

前回は1月25日頃から2月15日頃まで入院をして免疫グロブリンの点滴を受けていましたが、それから約2ヶ月半。先週頃(4月19日頃)からガクッと調子が落ち始めてきまして、今少しばかり小康状態なんですが、筋力の低下が目立つようになってきました。あー、やっぱ持続期間ってこのぐらいなのかなーという感覚です。

握力もすこし下がってきまして、当初は50Kg近く記録していた握力も40Kgを割り込むことが普通になってきました。また、複数回握ってみると、その握力もやがて30Kgを下回るレベルになってきまして、瞬発力的にはそこそこの筋力が残るものの、易疲労性の症状がやっぱり強いんだなーということが分かってきました。

と言うわけで次回の入院はちょうど退院して3ヶ月後ぐらいの5月中旬入院に決まりました。
入院期間はやっぱり3週間。色々事情があってこの入院期間は短縮が出来ないんだそうです。「もっと短くならないのだろうか?」とも思ったんですが、1月入院したときの自身の体調を考えると、やっぱり3週間入院が丁度良さそうですし、自分自身である程度納得はしてる感じです。

リハビリの効果や如何に?

リハビリはそれはそれで効果があったと思います。多分筋力低下で発生する身体のゆがみを都度都度補正出来るというのがデカかったのでしょう。効果は持続しないけど、それでもその場の苦しみはある程度緩和されるという意味でリハビリで行われる筋肉のメンテナンスって効果があるんじゃないかな。

ただ、外来リハビリの制約があって、今度退院したときはもう今施術を受けてるリハビリテーションはできませんで、別の方法を考える必要がありそうです。保険のきく筋肉のメンテナンスをするようなリハビリ専門の所ってどこがあるんだろうかなぁ・・うーむ。全くこの辺りは無知なので、また妻と色々調べていきたいと思います。

ネックサポーターを追加しました

いつも使ってるネックサポーターなんですが、

ネックサポーターのフチに汗が溜り、強烈なにおいを発することが増えてしまいまして、その間替えとして使えるようなネックサポーターを追加で買うことに。妻がネットショッピングで私の使ってるサポーターと同じメーカーの、もう少し圧迫度の少ないタイプを見つけてくれたので、それを買っててもらうことになりました。

今回買ってもらったのはこんな感じ。

会社へ通う際、ネックサポーターは本当に欠かせないものになってしまいました。でも、無理して外してると強烈な頭痛と首痛が待ってたりするので、これはこれで仕方がないんかなーと思いつつ。今度のネックサポーターもしっかりフィットしてくれるとうれしいなーなんてわくわくしながらその到着を待ってるところです。

PAGE TOP