[Windows] お次のWindowsは「Windows11」

予想通りにWindows11が出るようです。

6/25午前0時(日本時間)にて、Microsoftより発表が行われ、次世代Windowsの紹介が行われました。OS名は予想通りのWindows 11(イレブン)です。

Windows11 Overviewも公開され、以下のサイトにて情報が提供されています。
この際自身の備忘録としても必要な情報が結構書かれているので、翻訳した内容(有償版Deeplを使用しました)をここに転載しておきます。

対象はWindows11の概要、Windows11の要件としています。リンクは文書のコピーの関係上、外れてしまっていますがこちらについては原文交えて確認いただいたほうが良いかと思いますので、ご了承ください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/whats-new/windows-11

Windows11の概要

2021/06/25
読み終わるまで 3 分

Windows 11

この記事では、Windows 11の概要と、よくある質問にお答えします。

Windows 11の詳細については、以下の記事もご覧ください。

Windows 11 の要件:Windows 11 を展開するための要件です。
Windows 11 の計画: 組織で Windows 11 を計画する際に役立つ情報です。
Windows 11 の準備:Windows 11 を展開するための準備手順です。

はじめに

Windows 11は、Windowsの次の進化形であり、Windows 10以降で最も重要なWindowsオペレーティングシステムのアップデートです。Windows 11は、エンドユーザーの生産性向上に焦点を当てた多くの革新的な技術を提供し、柔軟で流動的な新しいエクスペリエンスを実現します。Windows 11は、今日のハイブリッドな仕事環境をサポートするために設計されており、これまでで最も信頼性、安全性、接続性、パフォーマンスに優れたWindowsオペレーティング・システムとなることを目指しています。

Windows 11は、Windows 10と同じ基盤の上に構築されているため、アップデートやデバイス管理のためのツールに行った投資はそのまま引き継がれます。また、Windows 11は、App Assureなどのプログラムにより、Windows 10で約束したアプリケーションの互換性を維持します。Microsoft 365をご利用のお客様で、さらにサポートが必要な場合は、FastTrackが引き続き利用可能で、Windows 11の導入をサポートします。

Windows 11の入手方法

Windows 11は、2021年後半から、Windows 10を搭載した対象デバイスへのアップグレードとして提供されます。また、Windows 11は、対象となる新しいデバイスでも利用できます。

組織を代表してデバイスを管理する管理者にとって、Windows 11は、現在Windows 10の機能アップデートに使用しているのと同じ、慣れ親しんだチャネルを通じて提供されます。また、Windows Update for Business、Microsoft Endpoint Manager、Windows Autopilotなどの既存の展開・管理ツールを使用することができます。詳細については、「Windows 11の計画」を参照してください。

組織によって管理されていないデバイスの場合、Windows 11へのアップグレードは、スムーズなアップグレードを実現するために、Microsoftのインテリジェントなロールアウトプロセスを使用して、Windows Updateを通じて対象となるWindows 10デバイスに提供されます。

対象となるデバイスの詳細については、Windows 11の要件を参照してください。

一般発売前にWindows 11をお試しになりたい方は、Windows Insider ProgramまたはWindows Insider Program for Businessにご参加いただけます。また、Microsoft Endpoint Configuration ManagerまたはWindows Server Update Services (WSUS)でWindows 10のプレリリース機能アップデートを有効にすることで、Windows 11をプレビューすることができます。

始める前に

次のセクションでは、Windows 11 を使い始める際に役立つ、ライセンス、互換性、管理、およびサービスに関する考慮事項を簡単にまとめています。

ライセンス

Windows 11には、Windows 10デバイスに必要なものを超える独自のライセンス要件はありません。

Windows 10 ライセンスを含む Microsoft 365 ライセンスでは、サポートされているデバイスで Windows 11 を実行することができます。また、ボリュームライセンスをお持ちの場合は、アップグレード前後のWindows 11とWindows 10デバイスを同様にカバーします。

互換性について

Windows 10で動作するほとんどのアクセサリと関連するドライバは、Windows 11でも動作する予定です。具体的な内容については、アクセサリーメーカーにお問い合わせください。

Windows 11 は、Windows 10 で約束されたアプリケーションの互換性を維持し、アプリケーションやデバイスの互換性を維持するために、既存のサポートプロセスやツールを変更する必要はありません。Microsoft 365 のお客様は、App Assure や FastTrack などのプログラムを引き続き利用して、Windows 11 の導入と維持に向けた IT 部門の取り組みをサポートすることができます。詳細については、「アプリケーションの互換性」を参照してください。

使い慣れたプロセス

Windows 11 は、Windows 10 と同じ基盤の上に構築されています。通常、現在使用しているツールやソリューションと同じものを使用して、Windows 11 を展開、管理、およびセキュリティ保護することができます。現在使用している管理ツールとプロセスは、Windows 10 と Windows 11 の両方の月例品質更新プログラムの管理にも使用できます。

重要

Windows 11 との互換性を確保するために、使用している Microsoft 以外のセキュリティおよび管理ソリューション、特にセキュリティまたはデータ損失防止機能を提供しているソリューションのプロバイダーに確認してください。

詳細については、Windows 11 への準備を参照してください。

Windows 11への対応

Windows 10と同様に、Windows 11は毎月の品質アップデートを受け取ります。しかし、新しい機能更新の周期があります。Windows 11の機能アップデートは、年に1回リリースされます。

Windows 11が一般提供されるようになると、サービス関連の重要な発表、既知の問題やセーフガードホールドに関する情報は、Windowsリリースヘルスハブで確認できます。毎月のリリースノートは、その時点で統合されたWindows 11の更新履歴ページからも入手できます。詳細については、「サービスとサポート」をご覧ください。


Windows 11の要件

ハードウェア要件

Windows 11をインストールまたはアップグレードするためには、以下のハードウェア要件を満たす必要があります。

プロセッサー:
1ギガヘルツ(GHz)以上で、2つ以上のコアを持つ互換性のある64ビットプロセッサーまたはSoC(System on a Chip)を搭載していること。

RAM:
4ギガバイト(GB)以上。

ストレージ:
Windows 11をインストールするには、64GB*以上の空きストレージが必要です。
アップデートをダウンロードしたり、特定の機能を有効にしたりするには、追加のストレージ容量が必要になる場合があります。

グラフィックカード:
DirectX 12以降に対応し、WDDM 2.0ドライバーを搭載していること。

システムファームウェア:
UEFI、セキュアブート対応。

TPM:
TPM(Trusted Platform Module)バージョン2.0。

ディスプレイ:
高解像度(720p)ディスプレイ、9インチ以上のモニター、8ビット/カラーチャンネル。

インターネット接続:
アップデートの実行や、一部の機能をダウンロードして使用するには、インターネット接続が必要です。
Windows 11 Home Editionの初回使用時には、デバイスのセットアップを完了するために、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要です。

  • Windows 11 Home Editionの初回使用時には、インターネット接続環境とMicrosoftアカウントが必要です。詳しくは、「Windows 11を最新の状態に保つ」をご覧ください。

準備状況を評価するためのツールについては、「適格性を判断する」をご覧ください。

オペレーティングシステムの要件

Windows 11へのアップグレードを快適に行うためには、対象となるデバイスにWindows 10(バージョン20H1以降)が搭載されている必要があります。

注意

Windows 11では、Sモードはサポートされていません。Windows を S モードで使用している場合は、アップグレード前に S モードを解除する必要があります。

また、SモードのWindows 10からデバイスを切り替えるには、インターネット接続が必要です。Sモードから切り替えた場合、後からSモードに戻すことはできません。

機能固有の要件
Windows 11の一部の機能には、上記以外の要件があります。以下の機能と関連する要件の一覧をご覧ください。

5G対応:
5G対応のモデムが必要です。

Auto HDR:
HDRモニターが必要です。

BitLocker to Go:
USBフラッシュドライブが必要です。この機能はWindows Pro以上のエディションで利用できます。
Client Hyper-V:第2レベルのアドレス変換(SLAT)機能を持つプロセッサが必要です。この機能は、Windows Pro以上のエディションで利用できます。

Cortana:
マイクとスピーカーが必要。現在、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、スペイン、英国、米国のWindows 11で利用可能です。

DirectStorage:
「Standard NVM Express Controller」ドライバーとDirectX12 Ultimate GPUを使用するゲームを保存・実行するためには、1TB以上のNVMe SSDが必要です。

DirectX 12 Ultimate:
サポートされているゲームとグラフィックチップで利用できます。

プレゼンス:
デバイスからの人間の距離、またはデバイスとの対話の意図を検知できるセンサーが必要です。

インテリジェントビデオ会議:
ビデオカメラ、マイク、スピーカー(音声出力)が必要です。

複数の音声アシスタント:
マイクとスピーカーが必要です。

スナップ:
3列レイアウトの場合、横幅が有効画素数1920以上の画面が必要です。

ミュートとミュート解除:
タスクバーから行う場合、ビデオカメラ、マイク、スピーカー(音声出力)が必要です。グローバルミュート/アンミュートを有効にするには、アプリがこの機能に対応している必要があります。

Spatial Sound:
対応するハードウェアとソフトウェアが必要です。

Microsoft Teams:
ビデオカメラ、マイク、スピーカー(音声出力)が必要です。

タッチ:
マルチタッチに対応したスクリーンまたはモニターが必要です。

二要素認証:
PIN、生体認証(指紋リーダーまたは照明付き赤外線カメラ)、またはWi-FiまたはBluetooth機能を備えた電話機の使用が必要です。

音声入力:
マイク付きのPCが必要です。

Wake on Voice:
Modern Standby電源モデルとマイクが必要です。

Wi-Fi 6E:
新しいWLAN IHVハードウェアとドライバ、およびWi-Fi 6E対応のAP/ルーターが必要です。

Windows Hello:
生体認証のための近赤外(IR)イメージング用に構成されたカメラまたは指紋リーダーが必要です。生体センサーを搭載していないデバイスは、PINまたはMicrosoft互換のポータブルセキュリティキーを使用してWindows Helloを使用できます。詳しくは、「Windows 10をサポートするITツール(バージョン21H1)」をご覧ください。

Windows Projection:
Windows Display Driver Model(WDDM)2.0に対応したディスプレイアダプターと、Wi-Fi Directに対応したWi-Fiアダプターが必要です。

Xboxアプリ:
Xbox Liveアカウントが必要ですが、地域によっては利用できない場合があります。利用可能かどうかの最新情報は、Xbox Liveの国と地域のページでご確認ください。Xboxアプリの一部の機能を利用するには、有効なXbox Game Passの契約が必要です。


なかなかインストール要件が厳しい

インストール要件として、メモリ下限が4GBまで上がりました。多分うちの嫁様のパソコンやおやじのパソコンに入れるのは厳しいかもしれん・・・(CF-SZ5なんだけど、メモリ4GB固定のものなので)。とは言え、当面はWindows10でもなんとかやっていけるのだろうし、必要に応じて買い替えになるかなぁという気はします。

最悪の場合はもう少し大きめなSSD入れてある程度Pagingの暴力でぶん殴るという感じで対応することにはなるかも。

BIOSよさようなら

どうやらWindows11からはシステムファームウェアとして、UEFI・セキュアブートしか書かれてませんで、とうとうBIOSがおさらばになりそうです。うちの環境ほとんどBIOSベースのまんまでやってきているんですが、どうしたもんか。こりゃ困ったなぁ。アップグレードなら何とかなるのかなぁ?など、様子を見る必要がありそうなところがぼちぼちありそうです。

Windows10はどこまで生きられるか

どうやらもともと21H2として搭載しようとしたものをWindows11として動かすようなので、アジャイル的なこれまでのアップデートサイクルを考えると、Windows10の息もそう長くは続かないかもしれません。2025年にはEOSLしそうだし。

アップグレード要件として、Windows10 20H1以降が導入されていることが前提となってましたので、この辺りも要注意なんじゃないかなと思います。この辺りも皆さんどうぞ機能更新はしっかりやっておきましょうそうしましょう。

PAGE TOP