[3DCG][DAZ Studio] 笑顔の作り方

微笑みレベルの笑顔を作るのが何気に難しい

DAZを使っていて最初にはまったネタが「笑顔を作ることがもの凄く難しい」ということ。パラメータ設定の中に「表情(Expression)」という項目があり、その中にもちろんSmileというのがあるんだけど、まともに適用したらこんな結果になる。

Expression->Smileを選択した場合の表情

何て言うか、目が笑ってません。この辺りは欧米スタイルなんだなーと思われ、どーしてもその設定をそのまま使うだけだといい笑顔になりません。俺が欲しいのはそれじゃないんだ的な。

試行錯誤の果てに

試行錯誤の果てに編み出した作り方がこれです。

微笑み作成の流れ
  • Eyelids Lower とは、目の下半分に相当するところ。あっかんべーをするときに下げるところ。これを上向きにあげることでニヤッとした顔になります。それだけだとただただいやらしいお顔になってしまうので、それ以外のパラメータも合わせて修正します。
  • Eyelids Upperと言うのは要するにまぶたです。これを少し下げることにより目を細めた状態になります。
  • Eyes Relaxというのは、目をリラックス状態の表現に持って行くことで、これによって眉毛とまぶたが一緒に少し下がります。どこか肩の力を抜いたような感じになります。
    これにより、目がもの凄く穏やかになります。
  • Mouse Smile Simpleは単純に両端の口角を上方向に引き上げます。
    他のSmile系パラメータだとニヤリ度が上昇します。
  • 芸能人は歯が命とか言ってみせる歯は前歯が多いですよね。単純に口を開けると、実は下顎だけが動く仕様になってます。そのため、口を開けただけでは前歯が見えてきません。Lips Close-Bare Teethをマイナス方向に移動させると、唇だけが上に上がり、前歯が見えるようになります。
    ただ、この値を下げすぎると歯茎むき出しの恐ろしい顔へとなっていきますので、ほんのちょっとだけにしましょう。
  • 最後、Mouse Openのパラメータをプラス方向に設定することで口が開き、ちょうどいい具合の笑顔になります。

そうした試行錯誤を繰り返して

さらにカスタマイズの仕方としてこんなのがあります。

カスタマイズ例

DAZ Studioのパラメータって思った以上に細かくて、そしてどれも直感的には分かりにくいかもしれないです。ただ、笑ってるときの顔の筋肉の使い方とかを思い出すとわりかし認識しやすいのかなーと言う気もします。

日本語化もされてない故、なかなか単語を理解するのが難しい部分もありますが、そこは翻訳エンジンで一生懸命意味を調べるしかないのかなーと思います。逆にこれで単語を覚えていくことで英語が少しは素で理解できるようになるかもしれませんよ。

さらにカスタマイズを進めて

こんな風に表現できたりもするとです。以下は私のオリジナルキャラクターであるYUIさんの笑顔とか。

笑顔その一
笑顔その二

感情の表現ってのは自分の中では本当に重要で、何かを表現したい!って一番表現したいのは感情なのです。まだまだ殆どうまいこと出来たのなんてない状況下ではありますが、時々試行錯誤したときに「これだ!」的なものが生まれることがあり、その度ちょっとしたうれしさと達成感があって少し心が癒やされます。

作ってて「おっ?」と感じた一枚。

そんなこんなでここ最近はDAZ 3D Communityのギャラリーにちょいちょい絵を載せていたりします。そこのURLは載せる気はあんまりないんですが、大抵の絵はここのサイトのギャラリーにも載せているので、お手すきの際にでも立ち寄ってみてくださいまし。

No tags for this post.
PAGE TOP