[Database][Cluster]データ領域の拡張例

Windowsだと楽なんだけどなぁ

というのは、現在我が家にあるPostgreSQLクラスターのデータ領域拡張。

我が家のクラスター領域のディスク割り当てはこんな風になってます。

[root@elephant-1 ~]# df -h
ファイルシス                サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
devtmpfs                      4.8G     0  4.8G    0% /dev
tmpfs                         4.9G   54M  4.8G    2% /dev/shm
tmpfs                         4.9G  441M  4.4G    9% /run
tmpfs                         4.9G     0  4.9G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/centos-root        35G  4.9G   31G   14% /
/dev/sda1                    1014M  232M  783M   23% /boot
192.168.110.243:/share-data   400G   57G  344G   15% /bkup
/dev/sdb1                     60G   52G   8G   86% /data
tmpfs                         984M     0  984M    0% /run/user/0

そして、容量を圧迫してる原因であるデータベースの容量使用状況

7.8M	./data/base/1
7.6M	./data/base/13807
7.6M	./data/base/13808
12G	./data/base/16386
8.7M	./data/base/32832
8.9M	./data/base/75945
38G	./data/base/76176
0	./data/base/pgsql_tmp
49G	./data/base

監視基盤から/dataの領域が圧迫してるとのことで通知がやってきて、それで初めて気づきました。

続きを読む

[BLOG]オンプレミスへお帰り

先の記事に書いたご乱心イベントにより

至極発作的にブログサイトを削除してしまった私。
今回、今まで鬱積したものを晴らすための犠牲者として、Microsoft上に存在してたAzure VMがご他界なさいました。
その際に「これを機にもうガツッといろいろ不要リソースを削除しよう」と思い立ち、廃止したものが以下のような感じです。

続きを読む

[Hardware][Storage] DELL PERC H710 MiniをCLIで操作する

オンラインでディスクの増設を行いました。

昨日ヤフオクでディスクマウンタ(Dell PowerEdge R320向け)を3つほど買いまして、手持ちの500GB HDDを2本追加して拡張を行いました。今まで実はほとんどPERCを触ったことがなくて、いろいろ戸惑うところが多かったこともあり、備忘録として記事に残すことにしました。

HPEのiLOとは異なり、DELLのiDRACEnterpriseだとある程度ストレージの設定も触れそうなのですが、機能制限がなんぼか入ってるようで、そこに気づくのにけっこうな時間がかかり、苦労しました。  

続きを読む

[Azure][Blog] バックアップデータをNFS接続したAzure Blob Storageへ送る

WordPressの範囲でバックアップを取得したい

現在、このブログサーバはバックアップを日時に取得しています。取得方法としてはAzure Backupを用いてVMイメージを丸っと取得する方法を採用しています。これが一番楽なバックアップ手法ではあるのですが、今後場合によってはオンプレミスにブログを移設することも考えられることから、Wordpressの論理的なバックアップを取得したいなーと考える時が時々ありまして。

続きを読む

[Hardware] DELL PowerEdge R320寄贈してもらいました

ただただ、ありがたや。

今回、とある知人よりPowerEdge R320が不要になったとのことで、これを頂戴することにしました。
はい!って手を挙げたところ、どうやら運よく一番手だったようです。この機種をいただこうと決断したのは、搭載CPUがXeon E3クラスではなく、E5クラスを搭載可能であることでした。

Xeon E3で必要とするメモリはECC Unbufferedメモリ(UDIMM)です。これに対してXeon E5で必要とするメモリはECC Registered メモリ(RDIMM)です。私が購入できるのは中古であるということも関係するんですが、これらRDIMMのほうが圧倒的に流通量が多いのです。それゆえ同容量であっても安価になりがちで、逆にUDIMMは高くなりがちなのです。そこそこ1CPUサーバでもメモリが積めるぞ、それが自宅環境にお招きする最大ポイントでした。
その後待つこと数日、例のブツはやってまいりました。

続きを読む

PAGE TOP