[Kubernetes][Network] Kubernetesのクラスタネットワークを外部に展開する

クラスタ外部からKubernetesのサービスリソースへ直アクセスを

前回記事の補足

というわけで、「https://www.bluecore.net/2018/12/30/5863/」の一環でやってみることにしました。

例:MastodonのKubernetes上(我が自宅)の構造

要は、WorkerのNodePortにアクセスを経由させずとも、直接緑色の層「サービスリソース」にアクセスしたいのです。基本的にコンテナは起動停止をする度にIPアドレスが変わります。ルートリフレクタを入れて手に入るアドレス帯は紺色/赤色のPodへ直接つながるためのアドレスだけで、肝心なアドレス不変の緑色領域は手にはいりません。

Read more

[Cloud][Azure][Linux] AppGatewayとTraffic Manager

ブログサイトをもう少しクラウドに寄せてみよう

コレをやる前の状態として、Microsoft Azureの環境というのは、あくまで補佐的な位置づけであり、例えば内部ネットワークへアクセスするための拠点であったり、CDNのPOPリストをリバースプロキシに展開したりと言う用途にしか使ってませんでした。

強いてあげればAzure CDNなんかは比較的中核的な位置づけで稼働していたのですが、もう少しAzureを使い込んでみたり出来ないものかと

まともにVMとか建ててしまうと、少しスペックを挙げただけで金額が上がってしまうし、KubernetesサービスであるAKSは簡単に予算を突き抜けるぐらい高かったりするもんで・・・

で、他になにか要素がないかなと調べて、「これかな?」と思ったのが今回のネタです。

Read more

[kuberenetes] セッションアフィニティを構成する

1セッションの通信は1つのホストで処理

ロードバランサーあるあるな話で、アプリケーションの特性上一貫したセッションの中では同一サーバで処理しないといけないというケース。私の場合、それは何かと言うと、まさにこのブログに対する投稿処理、アプリ更新処理です。

ただ、Kubernetesとしてどうしたらいいのか?というと、ちゃんとServiceリソースに対してもセッションアフィニティの設定があることがわかった。

Read more

[Hardware][Network] 10Gbps Ethernet

今まで興味のないふりをしてきました・・・がっ

実はビンビンに興味ありました。家にほしい!
でも、スイッチの金額が高すぎて手が出ないのです。
と思ったらいい品があったんですよ!

Mikrotik CRS305_1g_4s_in
https://mikrotik.com/product/crs305_1g_4s_in

衝撃の激安プライス。4つもSFP+がついとる・・・アップリンクで1GbEのインタフェースもあるし、なによりRouterOSのライセンスがL5!

CPUやメモリ自体はそれほど性能が高いものではないので、使用する機能は絞る必要があるんですが、それでもL2とかの用途であれば十分良さげです。
というわけで私、コレを迷わずポチりました・・・・・が、実はコレ、新製品であるがゆえ、パッと買うことは出来ないんすよねー・・

私はBaltic Networksで予約をしました。Mikrotik(ラトビア)からBaltic(U.S.A.!)までに入荷するのが12月第4週ぐらいみたいです(遅れると思っている)。そこからさらに輸送されて日本へーと考えると、恐らく来年中頃には来るのかなぁなんて。

Read more

[Mastodon][AdventCalender] Mastodonは「きっかけ」

アドベントカレンダー

この記事はMastodonアドベントカレンダーの12/9(日)に割り当てられた記事です。他にもいろんな記事がリリースされていますので、どーぞご覧いただければと思います。

私の中のMastodonの位置づけ

過日、11/3(土)に飯田橋グラン・ブルーム((株)インターネットイニシアティブ:本社)にてMastodon meetupが開催され、そこで私自身も登壇発表を行いました。本当に機会とそれを聞いてくださった方、感想をアウトプットしてくださった方々、本当にありがとうございました。

Read more

PAGE TOP