[Folk Tales]ホームページを開設してから20年が経過しました

本ホームページの原型サイトは20年前の2/26に作られた 今から20年前の2月下旬、私のホームページが初めて開設された日だったりします。当時私は大学4回生で、留年は確定していたものの、ちょうど勉強の楽しさを知って、それまでの勉強不足を一気に取り返していた時期でした。 その頃のホームページの画像をぺたり(過去の記事やFacebookの投稿でも何度か貼ってるとは思います)。ここに書いてある文字列を見て分かるとおり、ろーかるゆーざー(localYouser)と言うハンドルネームはこのときに生まれました。 この頃、まだHTMLは完全に理解し切れてなくて、 index.html に関しては当時広く出回っていたIBM ホームページビルダーを使って作成しています。タイトルにある太文字やドラゴンのアイコンはそのプリセットなパーツです。

[On-premise][Security] Untangle NG Firewallを使う

pfsenseを入れ替えようと思ふ 我が家では、目的別でUTMをいくつか入れています。 Sophos UTM9:インターネットゲートウェイ Sophos XG Firewall : OwncloudのWAF pfsense:インタネットゲートウェイその2 本来はUTM9を退役させてpfsenseに処理を移したかったのですが、pfsenseのIPSがかなり敏感で、結構色々な必要通信がブロックされたりしまして、時々妻からクレームが上がっておりました。これをうまく抑制する操作について調べきれておらず、結局その後UTM9に戻したわけですが、これがなんとかならないものだろうか・・・?と。 そして見つけたのがUntangle XG Firewallと言う製品です。どうやら基本無償製品のようで、ベースはDebian GNU/Linuxベースのルーター機能だけを有し、そこから先の拡張機能であるアンチウイルス・アンチスパム・アドブロックなどの機能はアプリケーションとして追加実装する仕組みのようです。 ちなみにこうしたアドオン形式で機能を貼り付けていくのはpfsenseに似てるんじゃないかという気がします。

[20180911][Affiliate]Amazon Associateを使用して広告を掲載してみた

昔々の話 今だと「広告掲載」って100%お金が絡む話なのだけど、昔って「広告掲載」ってのがそれ自体、ホームページに対するステータスになることが多いなぁ・・・ということをふと思い出しました。 例えるならそう、ホームページに対してくっつけるウィジェットのような扱いだったような気がします。18年ぐらい前に掲載していたホームページでは、地元イベントのWeb広告バナーを誇らしげに掲載していたことを思い出します。

[Network][Linux] 実機でLagopus Switchを作る

ワタシのSDNに対する理解 これまで、Openflowコントローラであるryu、openflowシミュレータみたいなものであるmininetを組み合わせてちょろりちょろりと遊んできました。ただ、どうしてもOpenflowコントローラに対するアプリとネットワークとの組み合わせについて、理解が及ばない点が結構あり、もう少し直感的に触れるかも知れないOpenDayLightに手を出してみました。 ところが、OpenDayLight、最新バージョンはNitrogen(0.7.0)なんですが、使ってみるとめちゃくちゃ重たい。その上少々仕様(featureの構成が変わったり)が変わっていてまずそこから何が何だか分からない、トドメにクライアントのブラウザ負荷も半端ない・・・・Orz そんなわけで、コントローラに対する理解をすすめるのは一旦おやすみし、じゃぁどこを理解しようか?ということで、データプレーン部分に手を出しました。