[Ceph][Storage][Error] Interrupt from kernel

追加したOSDが起動して数分で落っこちる件 ちょっと空き容量が枯渇気味であったため、CephのOSDノードを追加したんですよ。すると、どうやらCeph-Deployはうまくいったのだが、増えたはずのOSDが数分後には減ってる。そんな追加ノードの状態をみたらこんなことに。 調べてみると 以下のケースが該当していました。 原因としてはいわゆるイージーミスで、firewalldのルール変更をしていなかったために、モニタリング通信が遮断されていたと言うね・・・当方の環境ではクラスタ間通信のポートは独立したセグメントで組んでることもあり、今回はFirewalldの停止・無効化で事なきを得ました。

[Storage][Onpremise] Cephを改めて構築する

やっぱり改めて動かしたい分散ストレージ:Ceph 以前、当ブログではこんな記事を書きました。2018年にCeph Luminousをコンテナ基盤と連携させて「分散ストレージってなんだろう?」と言うのを学んでいたわけですが、当時は空き容量管理がままならなくなり全てを撤廃したという苦い思い出がありました。 その後、色々勉強していく過程でもう少し細かいところを掘り下げたいなーというか、分からないままになっていたところを少しだけでも解決できないか?と言うところを見たくて、再度Cephクラスタを組んでみることにしました。 バージョンは13.2.8ということで、Luminousの後継になるMimicを選ぶことにしました。 Nautilus と言うのが実は最新なのですが、バージョン制御が意外と難しいので成り行きでMimicにする事になりました。

[Mastodon][AdventCalender] Mastodonは「きっかけ」

アドベントカレンダー この記事はMastodonアドベントカレンダーの12/9(日)に割り当てられた記事です。他にもいろんな記事がリリースされていますので、どーぞご覧いただければと思います。 私の中のMastodonの位置づけ 過日、11/3(土)に飯田橋グラン・ブルーム((株)インターネットイニシアティブ:本社)にてMastodon meetupが開催され、そこで私自身も登壇発表を行いました。本当に機会とそれを聞いてくださった方、感想をアウトプットしてくださった方々、本当にありがとうございました。

[Kubernetes][Migration][Mastodon] 実家サイトへMastodon環境を移転する

引っ越すことになりました 実は、今月の中旬あたりに引っ越すことになりました。理由としては、 私の体の不調で2Fより上のフロアへの移動が厳しく、1Fの部屋を探す必要があったこと 同様に体の不調で、風呂の出入りが厳しいことがあり(現住居の浴槽が昔ながらの底が深いタイプ)、今風の浅い浴槽がある部屋に住みたかった 現住居はペット入室厳禁物件であり、実家の親兄弟が愛犬を連れて遊びにこれない。その状況を緩和したかった そもそも、現住居が老朽化して壁紙が崩れてる状況にあり、生活上支障が生じていた というところなんですが、それで部屋を決め、引っ越すことになったわけです。

[Storage] Cephのアーキテクチャを勉強してみる

こないだ自宅で起きたCephストレージ障害から こないだから、k8s環境で動かすブロックストレージをNFS主体からRBD主体に切り替え、やっと安定したストレージ環境ができるようになったかと思ったら、意外と私の配置が下手くそだったこともあり、それなりにCephクラスタがぶっ壊れました。 破壊と再構築を繰り返す中で、なんだかCephの構成要素とかよく分かってないところが多いなぁ?と感じたところがあったんで、Cephのドキュメント http://docs.ceph.com/docs/master/architecture/ なんかを読みながら勉強しようということに。その記憶メモのようなものだと思ってください。