[MG][ADHD][Health] お薬以外の補助グッズ

筋力低下はなんとかしたいが 実はおくすりだけでなんとかするってのは結構無理がありまして。というのも、おくすりはどんな薬であっても服用後時間を要する訳でして、それまでの間どうすんねん?というのがあります。即効性があるマイテラーゼを服用しても、効くまでには1時間弱のタイムラグが有るのです。

プライバシーポリシー

BLUECORE.NETについて BLUECORE.NETは、当サイト管理人が2005年に取得したドメイン名です。管理人の技術備忘録をインターネットに公開することを目的とし、WWW.BLUECORE.NETを2007年から2019年にかけて運営していました。 不慮のトラブルにより以前のWWW.BLUECORE.NETはなくなってしまいましたが、今後少し趣向を変える形でブログの運営を行おうと考え、新たに同一名称でのサイトを再構築したのが当サイトです。 アクセスログ 当サイトでは、以下の情報をアクセスログとして1ヶ月間保管します。 アクセス元IPアドレス、ブラウザバージョン情報(UserAgent)、リファラー、アクセス先URI情報 Cookie サイトにコメントを残す際、お名前、メールアドレス、サイトを Cookie に保存することにオプトインできます。これはあなたの便宜のためであり、他のコメントを残す際に詳細情報を再入力する手間を省きます。この Cookie は1年間保持されます。 ログインページを訪問すると、お使いのブラウザーが Cookie を受け入れられるかを判断するために一時 Cookie を設定します。この Cookie は個人データを含んでおらず、ブラウザーを閉じると廃棄されます。 ログインの際さらに、ログイン情報と画面表示情報を保持するため、私たちはいくつかの …

[Hardware][Network]Mikrotikのルーターを2品ほどゲット

ある意味キワモノ二機種 昨年11月に予約して居た品が、ついに1月下旬に到着しました。RouterBoardを売ってるMikrotik社のスイッチ製品である、CRS(Cloud Router Switch)を2機種ほど購入しました。 CRS305-1G-4S+IN CRS106-1C-5S CRS305は、4ポートのSFP+と1ポートのRJ-45を備えた機種で、価格は定価だと$149。おそらく2019年1月時点で世界最安値の10GbEスイッチです。 CRS106は、5ポートのSFPと1ポートのSFP/RJ-45コンボポートを備えた機種で、CRS305と比較すると圧倒的に値が下がり、入手しやすい代物になります。ただ、かなりCPUやメモリのスペックは落ちます。 いずれも消費電力は10W強ぐらいのようです。加えて言えば、CRS305はAC電源をもう一つ用意すれば電源冗長が可能という、「お前のターゲット層は一体どこだ!?」と小一時間問いたくなるような一面を持っています。 CRS305もCRS106もRouterOSのレベルはL5ですので、マネージドL2にもマネージドL3にもなりますし、ルーターとして動かすことも出来ます。見た目は一般家庭向けアンマネージドスイッチに見えますが、機能的な面でいうと完全に別物で、出来ることを並べるとCiscoやArubaとかそういうところの製品とあまり変わりありません。 ただ、なにぶんハード性能は非常に低いため、あまりL3レイヤー以上の機能やマネージド機能を有効にしすぎるとパフォーマンスは一気に低下します。 実装・稼働 今回、それぞれのスイッチ機器に以下の役割を与えました。 CRS305:ESXiアップリンク用マネージドL2スイッチ CRS106:Homenoc IPv6用ルーター CRS305はVLANと管理IPアドレスの設定だけ行い、極力余計な機能が動作しないように構成しました。結果として思った以上に高いスループットを計測することが出来ました。 下図はインタフェースダッシュボードを表示させてるものになるのですが、iperfで計測をしてみた所、およそ3Gbps前後のスループットが記録されました。 他にも試しにCIFS経由で4GB程度のデータ送受信を試みましたが、ピーク性能は1.5Gbps、最低値が700Mbpsぐらいでした。これはどちらかというとディスクがボトルネックになり、それによってスループットが低下していたみたいです。 iperfでスループット計測中のCRS305の状態 …