[Virtualize][Hardware] Quadro K2000を取り付けてvDGAを試す

もう少しスムーズに動いてくれんだろうか お試し的な意味合いも兼ねて、現在VMware Horizonの最低限な構成を組んでみて、VMをデスクトップとして活用している訳なのですが、どうも微妙に画面の反応がもたつくことが多い。 これを改善することが出来たりはしないか?と言うことで挑んだのが今回の記事ネタになります。

[Hardware] Fujitsu Primergy TX120 S3

本末転倒 実は買って挑んで速攻で挫折したのですが、本来これはnVidia Quadro K2000を搭載するために買ったんです。そのために消費電力は低めに抑えつつPCI-Express x16を搭載したマシンが欲しかったのです。 5,500円と言う安さに惹かれて買ったわけですが、写真取り損ねましたけれども、なんとまぁ搭載してみると筐体の全幅を上回るほどカードの幅が広く、なんとまぁ蓋が閉まらないと言うね・・・蓋を開放したままサーバを稼働させるような人間ではないため、まずもって諦める羽目に。

[k8s][rancher][vSphere] PVをvSphereから払い出して貰うの巻

Rancherを使う 以前挑んで見事に玉砕したことがあるのですが、今回久々にRancherを使ってみることにしました。Rancherは言うなれば「お手軽Kubernetesクラスタ構築・運用管理ツール」みたいなもんで、ブラウザGUIを使って簡単にKubernetesクラスタを組むことが出来るようになります。どちらかというと、PaaS環境をより身近に使えるようにするツールと言っても良いのかもしれません。

[Trouble][BLOG]正直参った。

またトラブルっすか・・・ 今回遭遇したトラブル、それは「ブログが見えなくなる」というもので、CDN経由ですと502ステータスが返却され、ローカル接続だと404ステータスが返却するというものでした。発生していたエラーはNGINXで発生していて、以下のようなエラーが出ました。 ここで出力されるIPアドレスはCDN側のアドレスですが、これがなんとまぁ8/16 14:15前後あたりで発生しており、翌日8:00まで気づかないままで居りました。そういえばWeb関連は全く監視してなかったなーと言うのを思い出しまして、はい。 NGINXは正常に動作してるし、PHP-FPM7含めて一通りのコンポーネントは動作しているようでした。

[Health][MG] いきなり来た。

7-8月はなんとも試練の月になっています。ぶっちゃけキツいです。 特に意識不明瞭が起きやすい時期になりました。割と午前帯、そして夕方頃、この2つのタイミングで頭がクラクラする頻度が増えました。当初それは糖質を取り過ぎてることに原因を考えていたのですが、その後どうやら薬の副作用が原因でありそうだと感じるようになりました。そこで、まずは向精神薬である「インチュニブ」を主治医と話し合った末に断薬を決めました。 インチュニブはADHD治療薬の一つとして用いられてるものですが、元々は高血圧を対処するための薬で、この中の副作用である「傾眠」作用が悪さをしていたようです。毎日慢性的に続く眠気というか、どんよりした感じがこれで回復するのかなと思いました。