[Virtualize][Hardware] Quadro K2000を取り付けてvDGAを試す

もう少しスムーズに動いてくれんだろうか お試し的な意味合いも兼ねて、現在VMware Horizonの最低限な構成を組んでみて、VMをデスクトップとして活用している訳なのですが、どうも微妙に画面の反応がもたつくことが多い。 これを改善することが出来たりはしないか?と言うことで挑んだのが今回の記事ネタになります。

[Hardware] Fujitsu Primergy TX120 S3

本末転倒 実は買って挑んで速攻で挫折したのですが、本来これはnVidia Quadro K2000を搭載するために買ったんです。そのために消費電力は低めに抑えつつPCI-Express x16を搭載したマシンが欲しかったのです。 5,500円と言う安さに惹かれて買ったわけですが、写真取り損ねましたけれども、なんとまぁ搭載してみると筐体の全幅を上回るほどカードの幅が広く、なんとまぁ蓋が閉まらないと言うね・・・蓋を開放したままサーバを稼働させるような人間ではないため、まずもって諦める羽目に。

[Hardware]お古のノートPCを有効活用する

お古であるCF-SX2を何とか有効活用したい 過去の記事でも紹介してるんですが、現在の私のメインパソコンは「CF-NX3の皮に包まれたCF-NX4」ですが、それの前に使っていたお古がCF-SX2です。最終的に不要パーツが詰め込まれたんですが、それでも結構いいスペックなんですよね・・ CPUはCore i5-3240M メモリは12GB(DDR3L-10600 4GB+8GB) HDDは500GB SATA HDD そこで、以前はSophos XG Firewallを導入しようとした訳なんですが、実はオンボード有線NICが死んでまして。恐らくはボード破損したのだと思われるんですが、全くリンクアップしません。せっかくIntel PRO/1000が入ってるのにね・・とか思いつつ、しゃーないのでそのまま死蔵しておりました。(無線LAN NICを使うのはSophos XGFでは至難の業)

[VMware] ESXiのCLIで標準スイッチを再構築

DL160 Gen8のNICを入れ替えたときのこと 先の記事でDL160 Gen8のNICを入れ替えた訳なんですけど、そこでも記載したように当初入れ替えたNICが認識しませんでした。実はその時の既存構成で、サーバのマネジメントI/FはDistributed Switchへ移行させていて、例のNICが認識しないことには何も出来ないという状況になりました。 このとき、DCUI(コンソールUI)を使用することで標準vSwitchの構成を吹っ飛ばすことが可能になります。そして新たに管理インタフェースを再構成し、取り敢えずは通信を可能とすることが出来ます。 しかし、当方の標準スイッチ、実はオンボード主体のvSwitchを10gbEインタフェースとは別に構成していて、そこにDistributed Switchに何らかの問題が生じた場合にVMが最低限通信できるようにと結構なVLANを登録しているのです。

[Virtualization][Hardware] CPU性能不足に直面するのは辛い

タイムシェアリングシステム VMwareは「タイムシェアリングシステム」として動いていることはご存じだろうか。1台の物理マシン上であたかも複数のマシンが動くかのように見せる、しかもそのオーバーヘッドが最も少ない方法としてだいぶ昔に「ハイパーバイザー」というものが誕生し、現在は様々なプロダクトでこの仕組みが動いていたりする。 タイムシェアリングシステムそれ自体はさらに昔からずーっとあるもので、CPUを使用する時間をもの凄く細かく分割して、複数の動作するプログラムに対して必要に応じて割り当てるというものだったりする。実際には、CPUを「利用できる/できない」と言うことしか出来ないので、時間割を作って例えば A君は8時から20分間だけ使ってね B君は8時20分から10分間だけ使ってね C君は8時30分から30分間だけ使ってね A君はその後9時から20分間使って良いよ C君はその後9時20分から20分使って良いよ みたいな感じでCPUリソースが使われていきますよと。これがタイムシェアリングシステム。私は大学時代にこのことについて学び、それを採用したシステムの一つとしてUNIXが挙げられていた。こうやって細かく時間を区切って各プロセスに処理をさせることで、あたかも複数のプロセスが並列動作しているように見えたわけだ。