[Linux] RedHat Developer Subscriptionの更新

ちょうど一年前に ちょうど去年RedHat Developer Subscriptionを使いだしたので、1年経過した昨日、期限切れになっちゃいました。そこで更新手続きを行いました。 https://developers.redhat.com/articles/renew-your-red-hat-developer-program-subscription 今回、こちらを参考にしています。まず、Developer WebSite へログインします。すると、再登録に必要となる同意書への同意画面が表示されるので、必要な箇所にチェックをつけます。 同意が完了すると更新が完了しますので、以下の順でコマンドを実行し、Subscription-Manager経由でSubscriptionの付け替えを行います。Developer Subscriptionで苦労するポイントはこのSubscriptionの付け替えですね・・ こういうのをみてると・・ 最近、CentOS8のEOSLが2021年末になってしまうと言う問題が周辺界隈を震撼させました。勉強用途にCentOS使ってるのにどうしてくれるんだ!と思った人も居るのかもしれません。CentOSはRHELのダウンストリーム的なディストリビューションであるが故、RHELを模擬することが可能という点が一般ウケしやすかった側面があります。 が、勉強用途にCentOSを使ってた人は、こんな風にRHELを使ってDeveloper Subscriptionを使った方が良いように思えます。ライセンスは16台上限になりますが、勉強用途であれば十分なボリュームなんじゃないかなと思いますし、何よりRHならではの面倒くさいポイントを知ることが出来、「あれ?CentOSとは違うぞ?」と本末転倒な部分で苦しまずに済むのではないかなと。 これとは別に「本番環境にRHELを使いたかったけど予算的にCentOSにした」所についてはそれはもうしょうがない・・と思うしかなくて、やっぱり結局の所「タダより高いものはない」と言うことなのではないでしょうか。

[Deployment] CentOS8上でAnsibleを使う

CentOS7環境とは少し違うかな?と言う気がした。

CentOS7環境に対して過去にAnsibleをインストール・実装したことはあったのだけど、実はCentOS8に関してはAnsibleをインストールしたことはなかったので手順の確認を行いました。

  • パッケージ管理ソフトウェアがdnfに変わっていること
  • Python3が基本的に使用されること

ってのが気になったポイントですが、果たしてどんなもんかーと思って導入してみることに。

Read more

[Ceph][Storage][Error] Interrupt from kernel

追加したOSDが起動して数分で落っこちる件 ちょっと空き容量が枯渇気味であったため、CephのOSDノードを追加したんですよ。すると、どうやらCeph-Deployはうまくいったのだが、増えたはずのOSDが数分後には減ってる。そんな追加ノードの状態をみたらこんなことに。 調べてみると 以下のケースが該当していました。 原因としてはいわゆるイージーミスで、firewalldのルール変更をしていなかったために、モニタリング通信が遮断されていたと言うね・・・当方の環境ではクラスタ間通信のポートは独立したセグメントで組んでることもあり、今回はFirewalldの停止・無効化で事なきを得ました。

[misc] 転職・現職体験記として書く。

2019年、社会人になって17年目

私は大学を卒業したのが2003年、そして今日に至るまでITインフラエンジニアと言う仕事をずーっと続けています。気づけば17年目らしいです。今回、記事として書くのは転職と現職の話。
こんな一例もあるんだよという意味合いをもたせて書いてみることにしました。

Read more

PAGE TOP