[Misc] 2020年振り返り

2020年はいろんな意味で激動の年になりましたね。新型コロナウイルス騒動が発生し、その後どんな大きな出来事があったのか・・・と言うのは皆さん色々よくご存じではないでしょうか。まさか病気の流行が1年以上継続してこんなに世界中の人を困惑させることになろうとは、全く想像できませんでした。

[Hardware][shopping] 最近ほんとにネタがないので

おすすめするハードウェアと欲しいなーって思うハードウェア(ネットワーク) こんなのをアップしてみる。過去に取り上げた機種のそれからのレビューとかもかければいいなぁと。と言うか実はAmazonの広告最近全然触ってないなーというのを思い出してちょっとペタペタ貼って実験とかしてるような、そんな記事です。

[Hardware] Xeon E5-2680

8CoreCPUげっと ついこないだDL360e Gen8を里子に出してしまいましたが、これに伴いメモリリソース、CPUリソースもガッツリ減りまして。気づけば我が家のVMを完全に収容することが難しくなってしまいました。 というわけで、最もメモリ搭載量の多いDL160 Gen8に頼らざるを得ないわけですが、この子残念ながらIvyBridge-EPを搭載するために必要なマイクロコードを実装できない機種でして・・・過去に一度CPUをE5-2620->E5-2640にアップグレードさせていたのですが、それでは足りなくなってしまいました。 というわけで、今回CPUの増強をすることに。

[Virtualization][vSphere] NestedなESXi環境の構成例

目的はvSphere7.xの評価 我が家が今調達しているハードウェアの大半は、購入価格が10,000未満のものばかりで、年数的にも7年前後経過したようなかなり古いものになります。サーバとかは例えばこんな感じです。 購入価格はそれぞれ1,000円、無償譲渡、5,000円です。なんとまぁPRIMERGYが一番高価です。DL380eが無償なのはそれこそ人との縁によるところが大きいですが、DL160が安価なのは1番ディスクベイのフレームがひしゃげていたからというのがあったりもしますし、ホント世の中色んなものがありますね。

[Hardware][Server] パワーモードによってどの程度性能が変わるのか?

ProLiantはデフォルト設定では本気を出してない可能性がある 我が家で動いてるサーバの中で、CPUやメモリに最も負荷がかかっている機種はDL160 Gen8というものだったりします。このサーバにはXeon E5-2640という8年ぐらい前のHexaCoreなCPUが2発搭載されてまして、リソースも相当に積まれています。 ・・・・・・ここ最近どうにもCPUの処理能力が妙に遅い。一体どういうことだろうか?というこtで、その切り分けをしていたのですが、それなりに面白いことが色々わかってきたので載せておこうと。