[k8s][rancher][vSphere] PVをvSphereから払い出して貰うの巻

Rancherを使う 以前挑んで見事に玉砕したことがあるのですが、今回久々にRancherを使ってみることにしました。Rancherは言うなれば「お手軽Kubernetesクラスタ構築・運用管理ツール」みたいなもんで、ブラウザGUIを使って簡単にKubernetesクラスタを組むことが出来るようになります。どちらかというと、PaaS環境をより身近に使えるようにするツールと言っても良いのかもしれません。

[VMware][Storage] VSANのリビルド

ノード再起動等が行われたとき、どこでリビルドするのか? メンテナンスモード等を実行することなく、突然再起動などをかけると、その上に居るVMはそれなりの影響が出ます。VMをFailoverさせてあげなければならないし、そうでなくともVMは突然停止がかかったりして余り良くありません。 VSAN構成時に結構な影響を受けることが分かりまして、再起動オペレーションできをつけたほうがいいかな?と思いまして。 起動してからリビルドではなく、起動前にリビルドというのがミソです。多分VSAN組むような構成ではなかなかないと思いますが、特定のVMを特定ホストに縛るケースなんかがある場合はそれなりな影響になります。例えば刻一刻とIOが生じるようなものをVSANに置いた場合、そのIOとリカバリーIOを共に担保しなければならない上、差分が大きいとなかなかどうして時間がかかります。その分、動かしたいホストもなかなか動かせません。 VSANを構成する場合は、パフォーマンスもそうですが、こうして起動時間に影響を与える可能性があることを知っておいて損はないかなと思いました。

[Azure][Network] Service EndpointとPrivate Endpoint

PaaSはとっても便利・・だがね。 クラウドの一形態として、Platform as a Service (PaaS)ってのがある。よくお世話になるPaaSとして、私の場合はAzure Storageなんかが挙げられるのだけど、確かに便利。ただ若干セキュリティが怖い。 基本的にはPaaSってパブリックIPアドレスでやり取りをする。時々面白いことに、デフォルトのセキュリティ設定がぱっくり全解放で口を開けて待ってたりすることがある。これは結構まずいことだったりするんでIP制限をかけたりする訳なんだけど、それもまた面倒だったりする。

[Storage] Cephの状態を探る

リバランス時の負荷を簡単に探ってみる Ceph Luminousに触れていたころから知ってる特性なのですが、OSDを追加すると基本的にリバランス処理が発生します。この間、結構な処理が流れます。