[VMware][Storage] VSANのリビルド

ノード再起動等が行われたとき、どこでリビルドするのか? メンテナンスモード等を実行することなく、突然再起動などをかけると、その上に居るVMはそれなりの影響が出ます。VMをFailoverさせてあげなければならないし、そうでなくともVMは突然停止がかかったりして余り良くありません。 VSAN構成時に結構な影響を受けることが分かりまして、再起動オペレーションできをつけたほうがいいかな?と思いまして。 起動してからリビルドではなく、起動前にリビルドというのがミソです。多分VSAN組むような構成ではなかなかないと思いますが、特定のVMを特定ホストに縛るケースなんかがある場合はそれなりな影響になります。例えば刻一刻とIOが生じるようなものをVSANに置いた場合、そのIOとリカバリーIOを共に担保しなければならない上、差分が大きいとなかなかどうして時間がかかります。その分、動かしたいホストもなかなか動かせません。 VSANを構成する場合は、パフォーマンスもそうですが、こうして起動時間に影響を与える可能性があることを知っておいて損はないかなと思いました。

[VMware] VMware Cloud Foundationに挑んだが負けた

Tanzuを動かす前提条件として VMware Cloud Foundation(略してVCF)は、所謂「プライベートクラウドを自動構成する」機能でありまして、VMware上の機能をフル活用していろんな機能を実装します。特にVMware NSX-T Datacenterの機能を駆使してSDN(?)的なものが構成できるというのが大きな特徴のように思えます。 vSphere7.0から、Tanzuと呼ばれるKubernetesエンジンを稼働可能なコンテナインフラストラクチャを組むことが出来るようになりました。が、このTanzuを利用するには、その環境内にワークロード管理ライセンスを包括したESXiライセンスが必要で、どうやらこのライセンスを適用するにはVCFを構成した上での環境が必要そうです。 実際にお仕事で使うのかどうかはさておき、知っておくには越したことはないなということで、VCF環境の組み立てに挑みました。しかしながらどうにも前提情報が無く、苦労したので備忘録として情報を残す次第です。取り扱う内容としては VCFを組む前提構成とは? VCFを組む上ではまったポイントは? と言うところが述べられたらなと思ってます。 後述しますが、結果的にVCF環境を構成することは出来ませんでした。この辺りも合わせて述べたいと思います。

[VMware][Storage] VSANに挑んでみた

せっかくNestedでvSphere7環境を構築したので vSphere7がリリースされてそれなりに経過していますが、当時自身の環境ではvSphere7の構成を組むにはこちらのハードウェアが古すぎる・・・ということで自分の所の環境ではなかなかvSphere7の機能評価とかが出来ずに居ました。 が、Twitterの知人から「NestedならvSphere7の環境が組めるよ?」とのアドバイスを頂いて実際やってみると、割とすんなりvSphere7が組み上がりまして。VMなんかも立ててみたり、分散スイッチ組んでみたりvMotionのパフォーマンスを見てみたり色々やったのですが、今回VSANを組んでみようということでこれを試してみることにしました。