[Storage][Cloud?] 自宅設備の余剰領域をクラウドへ参加させる

こんなサービスがあった。 元々仮想通貨採掘とか、自宅リソースを何か外部の人に使って貰うとかそういうのをあんまりやってないのですが、ちょっと面白い観点で自宅リソースの一部を供出することで外の人に貢献するというサービスがありました。STORJと言うそうです。 これはストレージ貸なんだそうで、ただSLA的な条件があり、1ヶ月あたり5時間以内の停止に停止時間を納める必要があるようです。あとは、月間2TBトラフィックが発生することがある、最低100Mbpsの帯域は供給できるようにする必要がある・・等のような感じで、実に様々な条件はありますが、そこはトークン授与の画面を見て貰えれば分かるんじゃないかなと。 なお、そのストレージ貸をする事で得られるものとして、仮想通貨:Storj が供出帯域・容量に従い、支払われるそうです。2020年3月20日時点で確か1Storj = 0.09ドルだったかと思います。ただ、過去の私のブログを見れば分かると思うんですが、金儲け系のことには余り興味を示さない人間なので、このブログではどの程度儲かるものなのか?とか金銭絡みの話はしません。 単純にこのStorjの取り組みに興味を持ったので、どんなことが行われるのか、どんな負荷がかかるのか、そこに視点を置いて書くのみです。

[Horizon][DaaS] Unified Access Gatewayの証明書差し替え

Let’s Encrypt証明書の差し替えを自動化したい つい先日、実験的にVMware Horizon 7を導入し、外部からのアクセスを可能とするためにUnified Access Gateway(以後、UAG)を構築しました。この時、証明書は自己証明書とするのもなんだか微妙なので、Let’s Encrypt(以後、LE)を使うことにしました。 ですが、ご存じのようにLEの有効期間は3か月です。 一応我が家の環境には、期限が1か月を切ったときに証明書を自動更新する仕組みと、それを統合リバースプロキシサーバへ配信する仕組みを過去に作って現在も運用を続けています。これを何とか活用して、UAGに対する証明書適用の処理を自動化できないかなーと思ってスクリプトを作りました。 参考にした情報 で、UAGには何かしらREST APIでも備わってるやろう・・・と思って情報を探すのですが、意外と見つかりませんで。そして技術ブログ等でもLet’s EncryptでUAGと連携する記事って意外となく、たいていの情報は海外にありました。 しかし、頼みの綱の海外サイトもどちらかというとCertbotの話の比率が大きく、あまりREST APIに対する情報は記載がなく、うろうろし続けたら、まさかのVMware社のDocsに情報がありましたOrz これを用いてスクリプトを作ることにしました。