当ブログサーバの構成

当ブログを動かしているサーバはMicrosoft Azure上の仮想マシン(Kusanagi用テンプレート:Size B2s)を使用しています。ブログオリジンサーバの上位にはAzure CDNを実装しており、キャッシュサーバとしての機能と一部ページのセキュリティ保護機能を果たしています。

ログはログ分析インフラであるLogAnalyticsサービスへ転送しており、ここで特定の文字列が出力された場合にアラート発報を行うようにしています。

Azureリソース全体構成
リソース種別サイズ・プランスペック概要
Azure VM(Linux)B2s2vCPU/4GB RAMブログサーバ本体
KUSANAGI for Microsoft Azure
CentOSベースのKUSANAGIを導入
Managed DiskStandard HDD32GBVM用ストレージ
OS用ディスクだが、この中に全てを保存
Storage AccountV2 Standard Hot TierBLOBとして利用各種ログ保存用途として使用
その他ページBlobとしてOSイメージを保管
Azure CDNVerizon Premiumコンテンツキャッシュ
VPN GatewayBasicS2S 100Mbps
P2S SSLVPN 100Mbps
VPN接続
Azure ADPremium P1条件付きアクセス認証サーバ/自前AD統合構成
AD Connectorで同期
Virtual NetworkVM用ネットワーク
KeyVaultStandard証明書ストア
SSL証明書にFuji SSLを使用
Azure Site ReocveryJP-WESTからJP-EASTに対して災対同期VMバックアップ保管
他にもオンプレミス環境へファイル同期ロジックあり。
LogAnalyticsGB単位課金ログ分析基盤として使用
VPN切断、WAF検知を読み取ってアラート発信

自宅環境概要

「自宅環境」は、自宅に設置したオンプレミス環境を中心とした、各種インフラ環境を指しています。

我が家本番環境ネットワーク機器

Microsoft Azureへの理解を深めるため、自宅オンプレミスとAzure間で連携をとっているシステムもあります。実機で触れてみないと分からない箇所だったり、好奇心がはち切れてしまって、実機で確認せずには居られないところなどを、この環境で確認・検証しています。

構成

構成を物理・論理でそれぞれ以下の通りとなっています。金銭的に余裕がないと言うこともあり、比較的型落ち(7年以上前とか)の機器を使用して動かしています。この上に仮想化環境を構成し、自身のネットワーク環境をより良くしたり、技術的な勉強用途と言う形で使っています。

自宅構成

物理構成図
役割機種スペックその他もろもろ
ESXiサーバ1HP ProLiant DL160 G8Xeon E5-2680 x2CPU
184GB RAM
SmartArray P420 (Cache 1G FBWC)
1TB HDD x4
GbE x2
10GbE x2
OS:ESXi6.7Update3
LICENSE->EnterprisePlus
ESXiサーバ2HP ProLiant DL380e Gen8 25SFFXeon E5-2430v2 x1CPU
72GB RAM
SmartArray P430 (Cache 2G FBWC)
146GB HDD x4
960GB SSD x1
200GB SSD x5
300GB HDD x11
500GB HDD x4
GbE x4
10GbE x2
OS:ESXi6.7Update3
LICENSE->EnterprisePlus
ESXiサーバ3Fujitsu PRIMERGY TX120 S3pXeon E3-1220v2 x1CPU
16GB RAM
D-2616 (Cache 512MB)
500GB HDD x4
GbE x2
10GbE x2
OS:ESXi6.7Update3
LICENSE->EnterprisePlus
コアL3スイッチAllied Telesis AT-x510-28GTXGbE x 24ポート
10GbE x4ポート
Advanced License適用済み
コアL2スイッチNETGEAR GS748T v5GbEx 50ポートネットワークポート増設用途
ストレージL2スイッチMikrotik CRS-305-1G-4S+GbE x1ポート
10GbE x4ポート
ストレージ接続用
VPNルーター(Azure)Fujitsu Si-R G200GbE x 2ポート(WAN)
GbE x8ポート(LAN)
IKEv2 IPSEC接続
IPoE接続全般を対応
VPNルーター(実家)
兼Interlink外接
YAMAHA RTX-3000GbE x2ポート
100MbE x2ポート
実家側同一機種とBBIQ通じて接続。
IKEV1 IPSEC。
Interlink IPoE接続
外接ルーター1Cisco 891FJGbE x1ポート
SFP x1ポート
GbE x8ポート
Homenoc二次ゲートウェイ
外接ルーター2Cisco 841MGbE 6ポート
Homenoc一次ゲートウェイ
NGN向けルーターMikrotik CRS106-5G-1CSFP x5ポート
Combo x1ポート
NGN接続用ブリッジ
UPSAPC SMT750J x2台500W/750VA 100V専用
正弦波
NMC x各1追加搭載
Wifi APCIsco Aironet 1602E-Q-K9802.11 a/b/g/n自律型AP

実家構成

実家サイト(災対サイト)の物理構成
役割機種スペックその他もろもろ
ESXiサーバ1Fujitsu PRIMERGY TX140 S1Xeon E3-1220 x1CPU
32GB RAM
300GB HDD x2
3TB HDD x2
512GB QLC SSD x1
OS:ESXi6.7Update3
LICENSE->EnterprisePlus
コアL2スイッチNETGEAR GS724T v3GbEx 24ポートサーバ等接続用途
VPNルーター兼外線接続YAMAHA RTX-1200GbE x2+8ポート外線接続とVPN接続を兼任。
VPNは自宅とAzureVPNGへ接続
UTMFortigate 60DWAN x1ポート
LAN x8ポート
セキュリティアプライアンス
UPSAPC SMT750J x1台500W/750VA 100V専用
正弦波
NMC x1追加搭載
Wifi-APNEC Aterm WG2000HP802.11a/b/g/nブリッジモードで稼働
論理構成図
メインPCのデスクトップ画面(ブラウザ開いた状態)
項目スペック追記事項
機種名Panasonic Let'sNote CF-SX4液晶パネルとフレーム、キーボード等はCF-NX3
システムボードはCF-SX4
WifiNICはCF-NX3
CPUIntel Core i5-5300U2Core 2.2GHz
RAMPC3-12800U 16GB8GBメモリ2枚構成
StorageSANDISK 480GB SATA SSD
OSMicrosoft Windows 10 Build 1909Build2004入れたいけどなかなか入らない
拡張ディスプレイIIYAMA ProLite T2250MTSフルHDディスプレイ
タッチパネルも機能としてはあるらしい。

メイン端末はPanasonic Let’sNote CF-NX3/CF-SX4の部品を寄せ集めて作ったジャンクノートPCです。以前はCF-SX2を使用していましたが、熱的な問題もあり、少し世代をあげたシステムボードをベースにPCを組み上げています。

CF-SZシリーズも魅力ではある(超が着くほど軽量、極が付くほどのバッテリー長持ち、フルHD)のですが、メモリが基盤直付けということもあり、更新は見送っています・・・・・

外接ネットワーク構成

外部接続に対する回線は、FLET’s光から2回線、アパート併設LANポートから1回線を出しています。

  • Flet’s回線経由
    • HomeNOC Operators Group (AS59105):1回線/IPoE接続/固定IP29bit
    • Interlink:1回線
      • IPoE接続-固定アドレス32bit:DS-Lite
  • 住居併設LAN経由
    • BBIQ:1回線
      • IPoE接続-動的アドレスDS-Lite
PAGE TOP