CPU

[VMware] VMware Cloud Foundationに挑んだが負けた

Tanzuを動かす前提条件として VMware Cloud Foundation(略してVCF)は、所謂「プライベートクラウドを自動構成する」機能でありまして、VMware上の機能をフル活用していろんな機能を実装します。特にVMware NSX-T Datacenterの機能を駆使してSDN(?)的なものが構成できるというのが大きな特徴のように思えます。 vSphere7.0から、Tanzuと呼ばれるKubernetesエンジンを稼働可能なコンテナインフラストラクチャを組むことが出来るようになりました。が、このTanzuを利用するには、その環境内にワークロード管理ライセンスを包括したESXiライセンスが必要で、どうやらこのライセンスを適用するにはVCFを構成した上での環境が必要そうです。 実際にお仕事で使うのかどうかはさておき、知っておくには越したことはないなということで、VCF環境の組み立てに挑みました。しかしながらどうにも前提情報が無く、苦労したので備忘録として情報を残す次第です。取り扱う内容としては VCFを組む前提構成とは? VCFを組む上ではまったポイントは? と言うところが述べられたらなと思ってます。 後述しますが、結果的にVCF環境を構成することは出来ませんでした。この辺りも合わせて述べたいと思います。

[Virtualization][Hardware] CPU性能不足に直面するのは辛い

タイムシェアリングシステム VMwareは「タイムシェアリングシステム」として動いていることはご存じだろうか。1台の物理マシン上であたかも複数のマシンが動くかのように見せる、しかもそのオーバーヘッドが最も少ない方法としてだいぶ昔に「ハイパーバイザー」というものが誕生し、現在は様々なプロダクトでこの仕組みが動いていたりする。 タイムシェアリングシステムそれ自体はさらに昔からずーっとあるもので、CPUを使用する時間をもの凄く細かく分割して、複数の動作するプログラムに対して必要に応じて割り当てるというものだったりする。実際には、CPUを「利用できる/できない」と言うことしか出来ないので、時間割を作って例えば A君は8時から20分間だけ使ってね B君は8時20分から10分間だけ使ってね C君は8時30分から30分間だけ使ってね A君はその後9時から20分間使って良いよ C君はその後9時20分から20分使って良いよ みたいな感じでCPUリソースが使われていきますよと。これがタイムシェアリングシステム。私は大学時代にこのことについて学び、それを採用したシステムの一つとしてUNIXが挙げられていた。こうやって細かく時間を区切って各プロセスに処理をさせることで、あたかも複数のプロセスが並列動作しているように見えたわけだ。

[craft][notepc] レッツノートを組み合わせて遊ぶ

多分歴代最もいじくりやすいシリーズのCF-NX/SX この記事で取り扱うネタ、それはパナソニック社製のLet’s Noteをいじるというか、自作PCのごとくニコイチサンコイチをしてみようという話です。 レッツノートと言えば、軽くタフでそれでいて比較的使いやすい、タッチパッドも無駄がなく手のひらがかぶる確率も低いという素敵なノートPCの一つです。ただ、定価10万円台になることがまずない・・・と言うぐらいに激烈に高い製品でもあり、主に企業ビジネス用途で利用されるケースが多い名作です。 私は、このノートパソコンは歴代通じて最もいじくりづらいノートパソコンとして頭の中に焼き付いておりまして。というのも、その軽量さ、タフさを実現するために結構無理矢理いろんなパーツを詰め込んでいたりするのです。 トラウマになったのがCF-T7でして、そりゃぁもうひどいものでした。いろんなパーツが粘着テープで貼り付けてあるのです・・・Orzそれを知らずにネジを徹底的に外してもパーツが外れず、ウンウン力任せに引っ張ったりした結果、バキッと本体フレームが割れまして・・・・ショボ──(´・ω・`)──ン それ以来、基本的にはレッツノートをばらすと言うことは基本的に考えませんでした。 が、CF-NX/SXシリーズは次元が異なるぐらいばらしやすい機種です。今回PCを何とか新調したいと考え、思い切っていろんなパーツを組み合わせてある意味オリジナルの機種を組み上げてみることにしました。